不動産売買にはある程度の費用がかかってくるのです。その費用について、どんなものがあるのか、書いてみました。

不動産リフォームで自然素材の暮らし
不動産リフォームで自然素材の暮らし

不動産売買にかかる費用

不動産を売却するときには、それなりの費用を支払わなければなりません。不動産会社に仲介を依頼していれば、その仲介手数料、また不動産の譲渡にはいくつかの税金もかかってきますから、そのあたりの計算もしておかなければなりません。

不動産の売買には、不動産会社は欠かせません。その協力費として仲介手数料を支払うのです。この仲介手数料はその上限額が決められているだけで、要するに不動産会社がいくらに設定してもいのですが、基本的には上限いっぱいで請求されることがほとんどです。その料金は、売買価格の3.24パーセント+64800円です。しっかりと計算しておきましょう。

不動産の譲渡に関わる税金としては、たとえば登録免許税というのがあります。これは不動産の所有権移転登記に関わる税金で、買主が負担することがほとんどですが、場合によっては売主の自己負担になることもあるので、確認をしておかなければなりません。また売買契約の仕様によって、かかってくる費用も少し変わってきます。たとえば、売買する不動産が家である場合には、耐震診断費用だとか、アスベスト調査費用だとか、リフォーム費用だとかいったものを、負担しなければならない場合があります。どんな売買契約なのかの確認も怠ってはならないのです。

おすすめ情報

Copyright (C)2017不動産リフォームで自然素材の暮らし.All rights reserved.