不動産購入時には新築や中古を問わず、引き渡しまでに注意すべき点や引き渡しの流れを理解しておくことが重要です。

不動産リフォームで自然素材の暮らし
不動産リフォームで自然素材の暮らし

不動産購入時における引き渡しまでの注意点について

不動産を購入した場合、契約締結から引き渡しまでに確認すべきポイントや引き渡しの流れについて理解しておくことが重要です。新築の場合、正式な引き渡しの前にハウジングメーカーの担当者や設計士などから完成した物件の仕上がり具合を確認するための内覧会が開かれます。その場合、仕上がり具合だけでなく、建具や設備、内装材などが仕様書通りになっているかを確認します。その際、ドアサッシの開閉具合など建具や設備がしっかり機能するかをチェックします。不具合が見つかった場合、期日までにしっかり修理してもらうようにします。中古住宅の場合、現場確認をして設備や建具の瑕疵担保付の売買契約であるなら、それらがしっかり機能するかを確かめ、不具合は事前に申し出ておきます。契約後にトラブルにならないようにしっかり見ておき、修理してもらう箇所ははっきりと申し出ましょう。

また工期が延びたり、売り主の引越が遅れたりしたせいで引き渡しの遅延など不動産会社との契約内容と異なる事案が発生した場合は注意が必要です。すでに賃貸物件などを退去することになっている場合などは次の住む場所の確保が必要になるなど、いろいろと不都合が生じてくるからです。このような場合、引き渡しの遅延によって発生した費用などを補償してもらうことを考えたり、場合によっては相手方の契約不履行による契約解除も検討しなければなりません。ただ、それら補償が最終的に受けられるとしても時間がかかるでしょうから、相手方に誠意があって止むを得ない事情がある場合などは多少の遅延も許容するような現実的な選択が必要なケースもあります。

今までのステップがすべて完了してから最後に引き渡しと同時に残金を支払います。そして鍵を受け取って全ての取引は完結します。

おすすめ情報

Copyright (C)2017不動産リフォームで自然素材の暮らし.All rights reserved.