不動産の契約に仮契約と本契約と言う言葉がありますが、違いが分からなければ両方本契約と考えれば良いです。

不動産リフォームで自然素材の暮らし
不動産リフォームで自然素材の暮らし

不動産の契約での仮契約は本契約だと思った方が良いです

不動産を購入する時には、必ず、不動産売買契約書というものに署名をして押印することになります。その際に、仮契約という言葉や本契約という言葉が使われることがあります。その違いについては、よく分からないという人も多いと思います。そんな時は、どのように理解をしておけばよいのかと言うと、両方とも本契約だと思っておけば良いのです。つまり、仮契約と言っているから一応署名押印だけしておいて、後で気が変わったら、取り消しを申し出ればそれでよいなどと考えてはいけないということです。

この、仮契約と本契約の違いは、単に契約と決済を分けているだけのことが多いのです。手付金を交付して契約をします。この段階では不動産業者にとっては、まだ仕事の途中です。そして、後日残代金を決済して、それと引き換えに物件を引き渡すことになります。ここまで来て、1つの仕事が完了したと言える状態になります。ですから、その途中の段階なので、仮と言う言葉を使っているようです。しかし、法律上は完全に有効な契約になりますので、簡単に取り消せるなどという事はありません。不動産の売買には多額のお金が動くものです。安易に想像で契約書にサインをするなどということはしてはいけません。

Copyright (C)2017不動産リフォームで自然素材の暮らし.All rights reserved.