不動産を貸す場合にはいくつかの流れを踏む必要がありますので、その流れについてまとめてみました。

不動産リフォームで自然素材の暮らし
不動産リフォームで自然素材の暮らし

不動産を貸す際の流れについて

まず不動産を貸す場合にはいくつかの流れを踏む必要がありますので、以下にその流れについて触れていきます。まず自分が貸す予定の不動産についていつまで貸すのかや、貸した後に住む予定なのかを決める必要があります。それによって今後の流れが異なるからです。将来も住む予定がなく、貸し続ける場合は通常の賃貸借契約が適当ですが、戻ってきて住むつもりであるならば、定期建物賃貸借契約にしないとなりません。

次に貸すまでの流れについて確認してみます。まず貸す場合の賃貸相場について知っておく必要があります。これはネットや付近の不動産業者などで参考となる相場の情報を得ることができます。およその相場が判明したら、収支についてのシュミレーションをします。収入面については相場からある程度判断し、支出については管理費や修繕積立費用、税金などを考慮します。収支について理解したら不動産業者と賃貸条件等を相談しながら、契約して入居者を募集してもらいます。この時に入居者募集の代理契約だけを結ぶのか、あるいは入居者が入居した後の管理も含めて契約するのかを決定します。

入居者からの申し込みがあったら、貸主はその方について審査して最終的な入居者を決定します。審査や入居者との契約については通常は仲介する不動産業者が行ってくれます。ただ最終的な諾否の応答は求められることになります。入居者の入居後には物件の掃除や管理、賃料徴収などを行います。これも管理委託契約を不動産業者と交わしている場合はすべて代行してくれます。賃料収入については確定申告を忘れずに行います。以上が不動産を貸す場合のおよその流れとなります。

Copyright (C)2017不動産リフォームで自然素材の暮らし.All rights reserved.