不動産を貸し出すのには、さまざまなリスクを負わねばなりません。不動産の特徴をよく見極めることが大切です。

不動産リフォームで自然素材の暮らし
不動産リフォームで自然素材の暮らし

不動産を貸し出すよりも売り出す

賃貸経営というのは楽なことではありません。しかしもし経営に自信があるなら、賃貸経営をしてみるのもいいでしょう。経営が軌道に乗れば、賃貸経営というのは利益を上げやすいものですし、何よりも何もしなくても家賃収入を得られるというのは、大きな強みでしょう。しかし、不動産の処分を考えていて、賃貸経営に自信がある場合でも、賃貸には向かない不動産というのもあるのです。

それは例えば、駅からも遠く築年数も古いといったような物件です。こうした物件が物件情報誌に載っていたとしても、たとえいかに賃貸経営の手腕に自信があったとしても、はっきり言って入居者を募ることはかなり難しいでしょう。そうした物件を賃貸で貸し出しても、経営を軌道に乗せることは困難なことです。そうなると、家賃を下げたりなどの企業努力をしなければなりませんが、家賃が下がればそれだけ収入も減ります。またたとえ入居者が入ったとしても、環境のよくない物件というのは入居者の居住年数も少なくなる傾向があります。すぐに引越してしまうのです。そうなればまた新しい入居者を探さねばならず、しかし魅力ない物件は入居者を探すのにも一苦労ですから、また家賃を下げるなどのことをしなければならないでしょう。ですから、築年数が古く駅からも遠いという物件は、貸し出すよりも売却してしまった方が楽なのです。

Copyright (C)2017不動産リフォームで自然素材の暮らし.All rights reserved.