不動産を売却するか賃貸に出すかは、大いに悩むところです。売却よりも賃貸で貸し出した方が良い不動産もあります。

不動産リフォームで自然素材の暮らし
不動産リフォームで自然素材の暮らし

売却より賃貸のほうが良い不動産について

持っている不動産を持て余しているというとき、それを売却すべきかそれとも貸し出すべきかは悩みどころです。売却というのはおそらく賃貸で貸し出すよりもかなり手っ取り早い方法だと考えられます。なぜなら売却が済んでしまえば、もう何もする必要はないからです。それに引き換え賃貸で貸し出すという場合には、売却の時と比べてたくさんのことをしなければなりません。まずは建物の修繕費用を用意しなければならないでしょう。次いで入居者がいなければ成り立ちませんから入居者を集める努力をしなければなりません。入居者が入っても、クレームがあったらそれに対応をしなければなりませんし、隣人トラブルの処理もすることになるでしょう。また退去時には、修繕費の交渉から部屋のクリーニングと、やるべきことは山積して言います。要するに、売却よりもはるかに面倒なのです。

しかし、売却するよりも賃貸に出した方がよいという不動産もあります。それは簡単に言えば、売りに出してもなかなか買い手が見つからないだろうと考えられる不動産です。たとえば、再建築不可の不動産です。新しく建物を建てることができない不動産というのは、価値が大きく下がってしまいます。そういう場合などは、売却ではなく、賃貸を選択した方が良いでしょう。

Copyright (C)2017不動産リフォームで自然素材の暮らし.All rights reserved.