不動産の営業マンの一日はどのような仕事をしているでしょうか。新しい物件情報の収集や調査お客様の対応などについて

不動産リフォームで自然素材の暮らし
不動産リフォームで自然素材の暮らし

不動産営業マンの一日の仕事

不動産会社の営業マンの1日はどのような仕事をしているでしょうか。まず朝一番にはメールのチェック、その他新しい物件情報の収集などを行います。情報は不動産会社のネットで調べたり、会社などを訪問して物件情報を収集します。良い物件があったら自分自身で見に行ったり登記簿謄本などで物件の調査をします。顧客に合うような物件があればすぐ電話をしたりメールやファックスで情報を知らせます。

営業マンでも契約書の作成をする会社もあります。大きな会社では契約書を作る部門があるところもありますが小さな会社では書類作成も大切な仕事です。間違いがないように作成することが重要です。合間にはたくさんの電話があるのでその対応もします。ネットに掲載している物件の問い合わせや内見の予約などの連絡の他、他の不動産会社から物件の確認や質問の連絡を受けます。

物件の内見の予約があればその準備もします。調査していない物件があればお客さんにも紹介できないのでしっかりと調べ説明できるように準備します。案内する場合にはマンションの鍵の手配をし、必要があれば管理会社へ鍵を取りに行ったりもします。営業マン同士での情報交換も重要です。お互いの顧客へ何の物件を紹介するか見込みはあるのかなどを打合せします。

Copyright (C)2017不動産リフォームで自然素材の暮らし.All rights reserved.