不動産の登記簿には色々な情報が記載されています。所有者や権利関係など、不動産登記簿謄本の取得の仕方など

不動産リフォームで自然素材の暮らし
不動産リフォームで自然素材の暮らし

不動産の登記簿謄本の取得方法

不動産について調べたい場合には、登記簿謄本を取得する方法が一番正確で分かりやすい方法です。登記簿謄本は誰でも取得することができます。どのように取得すればよいかと言いますと、法務局に出向く方法が現在一般的になります。近くの法務局はネットで調べればすぐ分かります。ちなみにどこの法務局でも全国どこの登記簿謄本を取得することができます。

法務局に行きましたら登記簿謄本取得の依頼の用紙がありますので記載し提出します。その際に、住居表示ではなく地番というものを記入する必要があります。地番が分からない場合にはその旨申告し窓口で調べてもらう方法と、その土地の管轄の法務局に電話をして調べてもらう方法などがあります。

提出する書類を出す際には印紙を貼る必要があります。印紙は法務局で売っています。代金は1つの不動産につき600円の印紙を購入し貼り付けます。土地とその上に建つ建物の場合には合計1200円必要です。その後窓口に書類を提出します。待ち時間に関しては空いていれば15分程度の場合もありますが、混雑している場合には若干待たされますので時間の余裕がある時に行った方が良いです。最近は登記簿謄本はネットでも有料ですが閲覧することができ、プリントアウトもできます。

おすすめ情報

Copyright (C)2017不動産リフォームで自然素材の暮らし.All rights reserved.