ひとつの不動産を兄弟で相続する場合などの方法についてや、なるべく高値で売却する方法について

不動産リフォームで自然素材の暮らし
不動産リフォームで自然素材の暮らし

土地などの不動産を相続する方法

親の実家などの不動産を兄弟で相続する場合、その相続方法はいくつかあります。例えば兄弟が3人いた場合、親の面倒を見ていた、または見ている長男などが実家を相続し、その他の貯蓄、株などは他の二人の兄弟が分ける方法などがあります。また、すべてを3分の1として相続する場合には実家を売却し、その他の貯蓄などと合計した後で等分にする方法があります。

実家に長男家族などが住んでいる場合にはその家を売却することができないので、売却した場合の金額を査定し3分の1ずつの割合で二人の兄弟に兄からお金を渡すという方法もあります。実家を売る場合にはなるべく高値で売却したいと思う人がほとんどです。高値で売る方法はいくつかありますが、相続には一定の期間内にやらなくてはならないとの決まりがありますのでなるべく早く動いた方が良いです。

売却には不動産会社を通して売る方法が一般的ですが、最近は不動産のオークションなども開催されています。オークションでは一番高値で落札した人が購入の権利がありますので高く売れる可能性があります。また不動産会社の選別も良く考えて依頼する必要があります。大手の有名不動産会社や地元で実績のある不動産会社に査定を依頼し、高く売ってもらえそうな所へ依頼してみるのも良い方法です。

おすすめ情報

Copyright (C)2017不動産リフォームで自然素材の暮らし.All rights reserved.