居住する不動産をローンで取得した場合、10年間年末のローン残高に応じた額を税額控除される制度があります。

不動産リフォームで自然素材の暮らし
不動産リフォームで自然素材の暮らし

不動産の住宅ローン控除

自分自身で居住する不動産を銀行融資などのローンで取得した場合、一定の基準に達していれば住宅ローン控除制度を受けることができます。現在は不動産を取得したその年から、年末の借入金残高に対応した額が10年間に渡って控除される制度になっています。たとえば、共働きで夫婦二人でそれぞれローンを組んだ場合でもそれぞれに控除がありますのでお得です。ローン残高に応じての控除の為、ローンが多いほど控除が多くなります。そのお金は固定資産税に当てたり、貯金しておき繰り上げ返済に使うなどという声も良く効きます。

ローンを組んでいると繰り上げ返済をする場合がありますがローン控除を受けていてローンの期間を短縮して期間が10年未満になってしまった場合には控除を受けることができなくなりますので注意が必要です。この制度は、住宅を新たに取得した場合に限らず増改築などのリフォームにも控除が適用されます。年収が3000万円以上の人には適用されません。

この制度の申告については、ローンを組んだらまず確定申告をする必要があります。サラリーマンの場合には一度確定申告をしてしまえば、次の年からは会社の年末調整で大丈夫ですので2年目以降からは確定申告する必要がありません。

Copyright (C)2017不動産リフォームで自然素材の暮らし.All rights reserved.