不動産と建築基準法は密接に関わっており、安全面や衛生面などの観点からさまざまに規制がかかっています。

不動産リフォームで自然素材の暮らし
不動産リフォームで自然素材の暮らし

不動産と建築基準法の関係

不動産の開発や投資をする場合、または自宅を購入したり建設したりする場合には、建築基準法による建物の規制は避けられません。不動産の所有権を得たとしても、その利用はかなり制限されると考えた方がいいでしょう。もっとも、規制を受けること自体に感覚的に慣れている人も多いでしょうし、常識的に考えれば当然だというような規制もあります。

建築基準法の目的は、安全と衛生で問題のない建物にして国民の安全を守るために必要最低限の規制をするというものです。安全や衛生というのは、言い換えると、防火であり、耐震であり、日影の規制であり、建物の大きさや接道を規制することによって消化しやすく逃げやすく他の建築物の日照の妨げにならないことです。

全国共通の単体規定と、場所によって違う規制があります。場所によって違うというのは、その地域をどのように街づくりしていくかの計画が異なるため対応を変えていく必要があるからですまた、全国共通部分は、安全や衛生面から考えている規制で、道路より低い土地に家を建てないなどの項目が入ってきます。いずれにしても、建築基準法をまったくしらなければ不動産に関わるのは非常に危険だといえるくらい、不動産と建築基準法は密接に関わっています。

おすすめ情報

Copyright (C)2017不動産リフォームで自然素材の暮らし.All rights reserved.